バランサージで肩こりが楽になる理由

クローバー八事の整体コースで行う施術「バランサージ」は、以前もこのブログに載せたように、私が身体全体にとっての大切なケアという観点から考え、あみだした独自の手技療法です。一応実際通っていただいている方からも、「他の店(カイロ・整体・マッサージなど)とは明らかに効果が違うけど、いったいその違いは何なの?」と問われることもあります。
ちょっと理屈っぽくなりますが、今日は「肩こり」を例に、その違いについて説明しようと思います。
この業界に入ってから、カイロ・整体・針灸・指圧・あんま・マッサージ・接骨等などいろいろな施術について学んできましたが、私にとってはすべてに???疑問符がつくところがありました。もちろんすべてが否定されるものではなく、なるほど!というところも多く存在するのですが、それでも、違和感はぬぐいされず、よくよく考えた末導き出した答えが今の施術「バランサージ」です。
では具体的に。
まず、「肩こり」の正体から~「肩こり」は病気でも怪我でもありません。なぜなら、それは体にとっての必然であるからです。いうならば構造的な問題、体のつくりの問題、日常での使い方の問題です。重くて大きな頭を支えているのが細くて長い首であること。腕は前に出して使うのが当たり前であること。当然その負担は支点に集中することとなり、まさにそのポイントである肩の筋肉は硬く縮こまることとなります。本来筋肉は伸び縮みするゴムのような状態であり、だからこそ体はスムーズに動くわけですが、それが硬く縮こまり伸びなくなればどうなるか?ゴムは引っ張ってもなかなか切れませんが、硬くなるとブチブチ切れてしまいます。筋肉も同じで、硬くなるということはもろくなることでもあり、筋肉の細胞はちょっとした日常の動きで壊れてゆきます。と言っても、筋肉は繊維性ですから、1部細胞が壊れても、体の感覚としてすぐに痛みや違和感を感じるわけではありません。そしてまた筋肉は細胞として新たに再生してもくれますから問題はそんな損傷そのものではなく、壊れた細胞の死骸にあるのです。
細胞の死骸も老廃物ですから本来なら血液の循環により掃除されるものなのですが、肩~首にかけての支点にあたるような場所は、筋肉も動きにくく、硬くなった筋肉が血管を圧迫することもあり、血の流れが悪くなりがちで、本来掃除されるはずの老廃物をそこに溜め込むことになります。そんな溜め込まれた老廃物こそが「肩こり」の正体です。もっと生理学的な言い方をすれば、痛みとは発痛物質の存在を感覚受容器が認知し中枢である脳に伝えて感じるものですが、まさにその発痛物質とは細胞が壊れて出てくるものなので、細胞の死骸が溜まっているというのは、すなわち痛みの元を溜め込んでいるということになるのです。
ということで、ではそんな「肩こり」をどうケアしていけばよいか?
「バランサージ」とは何をするのか?です。
「肩こり」の正体が細胞の死骸の蓄積であるなら、それをどう血液の流れにより掃除させていくか。硬い筋肉の圧迫からどう解放していくか。ポイントはそこにあります。
体の構造的な支点というのは、より体の中心に近い部分、すなわち三次元的には体の深い部分にありますから、「バランサージ」の一つ目のテーマは、「いかに体の深い部分に抵抗なく刺激を送り込んでいくか」ということ。その刺激とは押圧力ですので、まずは深い部分のポイントに対し押圧力を与えてゆきます。イメージとしては水の流れるホースを押さえるように。そこで、そのポイントは流れが止まり、いわゆる虚血状態になります。せき止められた血液はポイントの上流側に溜まります。次にその押圧を緩やかに解放していくと、そのポイントは溜まった血が「サーッ」と流れていくことになり、その流れが細胞の死骸を掃除してくれることにつながるのです。
針や一般の指圧・マッサージは局所に刺激を与え血行を誘導することをうたっています。すなわち体に刺激を与えるやり方。整体・カイロ系で筋肉をほぐす施術を行っているところは、体の表面の筋肉を気持ちいい程度にほぐすという施術で、これもまた違った意味で刺激を与えるやり方。
それらとは異なり、「バランサージ」は深い部分への押圧を解放することに重きをおいていますので、施術としても「押すこと」よりむしろ「抜くこと」にこだわった施術です。わかりやすく説明するなら、例えば水の流れるホースを押さえて流れを止めた場合、押さえた手をパッと放せばホースは水の勢いで踊ります。血管を踊らせるとそれは血管に対しストレスを与えることになりますからNGです。「いかに血管にストレスを与えず、溜めた血液をサーッと流していくか。」つまり、「いかに抜くか」それが「バランサージ」で行う施術の二つ目テーマであり、そうして細胞の死骸が掃除されれば、確実に体の状態は変わっていくはずなのです。
手技による施術を言葉にして伝えることはとても難しく、上の文章で読んだ方にイメージしてもらえるかどうかは不安ですが、私の知る限りで同じようなテーマで施術を行っている所はなく、
「バランサージ」は世界中でクローバー八事でしか体験できない施術ですので、「バランサージ専門店」として今後ともクローバー八事をよろしくお願いいたします。
画像


https://cloveryagoto-seitai.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック