整体って何?

クローバー八事へ来る人からもよく聞かれることですが、世間には多くの治療院やサロンなどがあり、例えば肩こりがひどい!腰が痛い!といった時に、いったいどこへ行けばいいのか?迷う方が多いようです。私が答える台詞はだいたい決まっており、「整体であろうとカイロや、針、マッサージ等であろうと、何の看板を出しているのかで決めるのではなく、そこがちゃんとした施術を行っているかの情報を得て、まずは体験すべきだと思います…」といったところでしょうか。はっきり言えば、看板だけでは中身はわからない、というのがこの業界の現状です。
整体(カイロも含めて)といっても、実に雑多な流派?があり、中には「勘弁してくれよ…」と眉を顰めたくなるようなことを行っているところもあります。
そんなわけで、以下はあくまで私個人の整体に対する考え方です。
まず、基本的には医療行為でも、医業類似行為でもないというのが大前提です。というと、「じゃあ治してくれないの?」ということになると思いますが、そもそも治すとか、治療するとかいう考え自体が間違いなのです。
うちに初めて来る人の中に、「病院(整形外科)に通ってもちっとも良くならないんです…」と言う方がいます。そんな方々に対する答えも決まっていて、「それは病院に行く時点で間違ってます。」別に、お医者さんを否定しているわけではありません。何が間違っているかといえば、肩や首、背中、腰、膝などに、慢性的な痛みや重さを感じることは、決して身体の異常ではなく、むしろ正常な状態、当たり前に誰にでも起こりうる状態だということです。人間の身体は実に不安定な構造であり、しかもより不安定な姿勢を強いられながら、仕事や子育てなどをしなければいけない。だからこそそんな身体を支える筋肉は、常に負担を与えられ続けています。痛みや重い、だるいと感じることは、そんな筋肉の悲鳴であり、動くために存在する筋肉が動きの機能を低下させていることを伝えるシグナルなのです。鈍感になってしまって、それを感じない人もいますが、そんな人でも加齢により筋力が衰え、負担が高まれば、必ず感じないわけにはいかない、身体の構造的な問題、つくりの問題です。すなわち、これは異常ではなく、受け入れざるを得ない正常なのです。そもそも、医療、治療とは、生理学的に正常とされる状態が異常に変化したもの=病気、ケガを治すことです。だから、正常を病院で治してもらおうと思うこと自体、無理なわけです。じゃあどうすれば?~治すという考え方ではなく、ケアするという考え方が正しいと私は思っています。自分でできるケアは、適度で正しい運動習慣しかありません。簡単なようで実はそれが結構難しく、また実はそれだけでは不十分なところもあり、うまくできる人はなかなかいません。だから、クローバー八事の整体コースはそんな身体をケアすることを目的としています。ほおっておくと余裕のなくなる=硬くなる筋肉に余裕を与え、筋肉の悲鳴を鎮めてあげること、それが、すなわち身体をあるべき状態に整えること、読んで字の如く、「整体」なのです。整体・カイロで、背骨を治す、骨盤のゆがみ、骨のずれ、等等、骨を問題にするところも多いですが、よほどの外力が働かない限り、骨は勝手に動くものではありません。背骨や骨盤、関節にストレスを与え、影響を与えるのも、筋肉です。だから、私は、筋肉のアンバランスを整え、身体を変えていきます。治すのではなく直すのです。
そんな考えで、オープンから一年余り、不思議とお医者さんや看護師さんといった医療関係者がお客さんに多くなってきました。総合病院の整形外科医の方もいらっしゃいますし、医学部の基礎医学を教えてる先生に、それとは知らず、身体について懇々と説明してしまい、あとで、とんだ釈迦に説法でした…と苦笑いしたこともありました。
あくまで、上記は私の個人的な考えです。でもたぶん、間違ってはいないと思います。

https://cloveryagoto-seitai.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック